L’ECLAIREUR(レクレルール)日本青山店

L’ECLAIREUR(レクレルール):1980年に創立者マルティーン・アディダとアルモン・アディダ夫妻によりスタートし、現在ではパリに6店舗展開。

ファッションビジネスの支援を行う株式会社ETOAM(エトーム)代表取締役:惠藤憲二)の協力のもと、日本でも展開。

L’ECLAIREUR(レクレルール)日本店でも本国のオーナー兼バイヤーのアディダ自らがプロデュースし、取り扱い商品だけではなく、店舗内装にも多くの話題を呼び、商店建築のブティック特集でも取り上げられています。

L’ECLAIREUR(レクレルール)日本店は、物販店的なアプローチではなく、商品構成、空間、接客、サービスに至るまで、すべてがレクレルールのオリジナルであり、それがホスピタリティを感じるルーツであることが垣間見られます。

セレクトショップL’ECLAIREUR(レクレルール)ブランドラインナップ

L’ECLAIREUR(レクレルール)

1980年に創立者マルティーン・アディダとアルモン・アディダ夫妻によりスタートし、現在ではパリに6店舗展開しています。(ファッションビジネスの支援を行う株式会社ETOAM(エトーム)代表取締役:惠藤憲二)の協力のもと、日本でも展開。)

L’ECLAIREUR(レクレルール)はPRADA、Jhon galliano、ANN DEMEULEMEESTER、DRIES VAN NOTEN、Maison Margielaなど一流ブランドのフランスにおける販売代理店、第一号店となった。

レクレルールという言葉は、フランス語で「まだ光っていない宝を見付け出して輝かせる=発掘する」という意味がある。

 

1980年にパリに誕生したセレクトショップ

ハイブランドからヴィンテージものなど世界中のトレンドを取り扱うセレクトショップ。

その中でも、ファッションの都パリで代表するセレクトショップ「L’ECLAIREUR(レクレルール)」。

L’ECLAIREUR(レクレルール)は、1980年に創立者マルティーン・アディダとアルモン・アディダ夫妻によりスタートさせました。現在では、パリには6店舗展開しています。(ファッションビジネスの支援を行う株式会社ETOAM(エトーム)代表取締役:惠藤憲二)の協力のもと、日本でも展開。)

Goldman Sachs (ゴールドマン・サックス) の『World’s Luxury Guide』で第1位ショッピングスポットに選ばれたというヘラルド通りのブティックは18世紀の古い石造建築を改装した荘厳な作り18世紀の古い石造建築を改装した荘厳な作りである。

またどのSHOPにも看板が一つもなくどこか隠れ家のような雰囲気が漂っているセレクトショップ。

世界有名の「セレクトショップ」を日本へ

近年、日本でも「セレクトショップ」というものがファッションに詳しい方だけではなく、一般の方にも浸透してきました。

そのセレクトショップの日本での火付け役となったのは、ファッションビジネスを多数展開する惠藤憲二氏だと言っても過言ではないでしょう。

ファッションビジネスの支援と株式会社 ETOAM(エトーム)株式会社と惠藤憲二氏の協力のもと世界中でも有名なフランスを代表するセレクトショップ『レクレルール』(本店はパリにあり、その他NYなど世界各地に展開しているセレクトショップ)を日本へ取り入れ展開したことがとても話題となり、日本のファッション文化にセレクトショップというものが浸透していきました。